ドックフード*N評価

愛犬元気は気軽に食べてはいけない!?下痢&危険?口コミ!

愛犬元気の口コミ

 

今回は愛犬元気ドックフードについて

徹底的に調査してきました。

 

これは市販のドックフードとなり

一般的に庶民に愛されてきたドックフードですね。

 

結論からいいますと

食べてはいけないことはないですが

注意するべき成分が入っているので

犬が食べて注意するべき

原料が入っていることがわかりました。

 

今回はそのことについて

書いていこうと思います。

 

愛犬元気は危険なの?口コミ

愛犬元気 口コミ

愛犬元気の全原料について

まず、見てもらいたいのが全原料になります。

愛犬元気成分

ここでメインとなる原料は穀物(こくもつ)です。

 

犬の腸というのは短いため

本来は消化のよい

動物性たんぱく質を消化するのに適しています。

 

殻類を消化するためには

アミラーゼという酵素が必要となるのですが

犬の身体の構造から少ないことがわかっています。

 

つまり

穀物自体は消化に悪いわけです。

 

食べることはできるのですが

消化器官に負担をかけてしまうということになります。

 

人間も消化の悪いものを食べると

胃がもたれたりすることがありますが

犬もそれと同じ辛さを味あわせてしまいます。

 

また

・肥満

・アレルギーの原因

・内臓に負担

これらの影響があります。

 

確かに市販のドックフードというのは

気軽に手に入れることができますが

犬が本来食べていくというのに適していないことになります。

 

主に市販のドックフードを

検証してきましたが

ほとんどのドックフードに穀物が入っています。

 

なぜ?穀物がメインなのかは

大衆に好かれるために

「安く買うことができる」

ここに特化しているからです。

 

コレに関していいか悪いかは

人それぞれだと思いますが

犬好きに関しては

やはりいいものを食べていただきと思いました。

 

愛犬元気に含まれている他、原料の注意点

 

他の原料を見ましたが

チキンミール

フィッシュミールというのが入っています。

 

一体何のお肉か何の魚なのか

これに関して何が使われているかはっきりしません。

 

かなり抽象的な原料の書き方となりますね。

愛犬元気成分

人が食べるものでも

チキンミールとかフィッシュミールとか入っていませんよね。

 

基本的には鶏肉とかマグロとか書かれています。

 

ミールというのは粉上にしているもので

実際のお肉となる元の原型が何かわかりません。

 

もしかすると、

病気でお亡くなりになられた

お肉をつかっていたり

何かしら悲しいできことで

使われているお肉を粉上にして使われているかもしれません。

 

こればっかりはっきりしないので

注意すべき原料となります。

 

また

脱脂大豆が含まれています。

 

これは

食品業界の産廃といわれているものです。

 

毒性の高いヘキサンのプールに浸して

科学的に大豆油を抽出したカスです。

 

さらに着色料が含まれています。

・赤色102号

・赤色106号

・黄色4号

・黄色5号

・青色1号

 

これらは水や熱に強いという特性を活かして

カラーコーティングするために使われるものです。

 

アメリカやカナダやヨーロッパなどでは

使用を禁じている国もあります。

 

これらはガンやアレルギーの

原因になるからといわれているからです。

 

基本的には入れなくてもよい成分なのですが

見た目の問題などで入れていることもあるのでしょう。

 

まとめ

 

ここまで愛犬元気の原料について

書いていきました。

 

注意すべき原料が入っていて

どう思うかは人それぞれですし

犬の食事を考えてあげるのもそれぞれです。

 

全てがマイナス点というわけではありませんが

マイナス要素が目立つので

マイナス要素が多いドックフードですが

一般販売されていることもあり

Nノーマル評価*ドックフードとします。

 

合わせて読みたい記事

 

SSSランクドックフード

 

ドックフードでのアレルギー症状は?原因や対策など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です