ペットの消臭剤

次亜塩素酸ナトリウムの人体やペットの影響は?安全策も含めて解説!

次亜塩素酸ナトリウム

 

今回書いていくのは

次亜塩素酸ナトリウムです。

 

これは除菌剤や消臭剤に

含まれている成分で

注意を要するべき成分となります。

 

結論からいいますと

人体の影響やペットの影響はについては

強力な酸化剤ということもあり

皮膚につけば腐食してしまいます。

 

消臭剤や除菌剤では

水でかなり薄められていますが

 

それでも危険なのは変わりありませんし

ペットにつくとなると嫌な思いを

させてしまうということにもなりかねません。

 

そこで今回は

次亜塩素酸ナトリウムについて

徹底的に取り組んできたので

そのことについて書いていこうと思います。

 

次亜塩素酸ナトリウムの影響や安全策

次亜塩素酸ナトリウムは危険だけど中和する方法がある

次亜塩素酸ナトリウムの人体やペットへの影響について

 

確かに、

大気中のウイルスや細菌を除去

消臭効果、除菌効果という

利点はあるのですが

やはり被害という影響はついてきます。

 

では、次亜塩素酸ナトリウムの

人体やペットへの影響を

ここから掘り下げていきます。

 

大気中への被害や影響は?

大気中の影響

まず、大気中に含まれている

次亜塩素酸ナトリウムを

吸い込んだらどうなるのかです。

 

次亜塩素酸ナトリウムは

エアロゾル(大気中に散りばめられた分子)でも

健康状態の被害を与えてしまいます。

 

この場合は

喉の痛みや咳きの原因となります。

咳きや喉を抑える

喉がイガイガする、

咳きをしょっちゅうしている方は

もしかすると大気中のこの成分を

吸い込んでいるという可能性も考えられます。

 

次に大気中だけでも

被害はあるのですがそれを飲み込んで

しまったらどのような被害があるのかについてです。

 

液体を飲み込むことへの影響

誤って飲み込んだ場合

・胃痛

・灼熱感

・咳き

・下痢

・喉の痛み

・嘔吐

 

などの症状が起きます。

 

飲むということは

基本的にしないとは思いますが

ペットを飼われてるという場合

 

この成分が付着している

場所を舐めたりすることで

もしかすると影響を

受けている可能性も考えられます。

ペットが除菌剤を舐めると

ペットに対して

下痢の症状に悩まされるというのは

この成分が知らず知らず吸い込んだり

誤って舐めていたりというのも

考えられるのではないでしょうか。

 

皮膚や眼に付着するとどうなるのか?

 

 

まず、皮膚につくことで敏感になります。

かゆみ

眼につくことで

赤目や痛みの原因となります。

眼の充血

ですので

一番やってはいけないのは

眼をこするという行為です。

 

この場合は眼が充血するという

症状が起きるので

注意が必要となります。

 

人体の影響もペットの影響も

変わらず被害を与えますが

どのような方法が最も安全なのかについて

徹底的に取り組んできました。

 

ですので

その安全な方法を見ていきます。

 

安全な方法について

 

やはり次亜塩素酸ナトリウムの利点は

外せないわけであり

除菌、消臭というのは

この成分以外に考えられにくいものです。

 

そこで

この成分の特徴を持ったまま

中和(安全な方法)を

させることができるものはないのかを

 

徹底的に調査した結果

厚生労働省認定が

認定した安全なものがありました。

 

技術によって開発されたものであり

大衆が好むような安さを

考えられて作られたものではありません。

 

なぜ?これらが

人体やペットに安全なのかを

詳しく効果を記載していますので

よければ参考になれば幸いです↓

 

次ページをタップするカンファペット口コミ

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です