ペットの消臭剤

ペットに安全な消臭剤&除菌剤は?危険なペットグッズの裏側!

ペットに 安心 消臭剤はどれ?

 

大切なペットの肌に消臭剤や除菌剤が

触れると大変なことになりかねませんよね。

 

匂いや菌を退治する

強力な成分で効果があるというものには

必ずといっていいほど

なんらかのリスクというのはついてきます。

 

しかしながら、

徹底的に調べてようやくわかったことですが

ペットにも使える消臭剤&除菌剤で安全なもの

正しいものを見つけることができました。

 

今回はそのことに

ついて書いていこうと思います。

 

ペットに安全な消臭剤&除菌剤

猫の画像

消臭剤&除菌剤の裏側!危険!?

 

まず一般的に使われている

消臭剤&除菌剤というのは

割と強力なタイプとなり

これには少しばかり注意が必要となります。

 

というのも消臭剤に

含まれている成分のほとんどが

アルカリ性で主に「次亜塩素酸ナトリウム」

という成分が使われていたりします。

 

この成分と類似している

一般の方のほとんどが知っている

「ハイター」塩素系漂白剤など

この成分が主に使われています。

 

シミ・黄ばみも真っ白にという衣類洗剤ですね。

 

塩素系漂白剤の

次亜塩素酸ナトリウムは

非常に強力な酸化剤となり

皮膚につけば腐食するほどのものとなります。

 

簡潔にいいますとこの成分が

消臭剤や除菌剤が一般的に使われています。

 

これが仮にペットが

ペロっと舐めたらと考えると

大切なペットのお腹を壊してしまったりしてしまいますよね。

 

消臭剤や除菌剤も

この成分が使われることがあり

やはりペットのことを考えるとなると

正しい選び方をしなくてはいけません。

 

ペットでも安全に使える消臭剤&除菌剤は?

ペットに 安心 消臭剤はどれ?

ただ先ほども述べました

次亜塩素酸ナトリウムには例外があります。

 

基本的に消臭と除菌をするという手段では

この成分はかかせないものとなるからです。

 

次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性で

本来は酸性と混ぜ合わせることに

よりガスを発生させてしまいます。

 

漂白剤のハイターにも

混ぜるな危険と書かれていますよね。

 

本来は混ぜてはいけないの成分ですが

 

・厚生労働省が認めた「次亜塩素酸ナトリウム」

・厚生労働省が認めた「酸性」

 

この2つの

特殊な成分を混ぜ合わせることで

中和させることができるのです。

 

中和させるとどうなるのかといいますと

目や口の中にいれても

大丈夫なほどの成分へと変わります。

 

これならペットにも使えて安心ですね。

 

これは非常に優れている成分で

・動物病院の消臭消毒に使われている

・病院でも実際に使われている

・スポーツ用品店内でも使われている

・リハビリステーション室内でも使われている

 

これら実際に使われている消臭&除菌剤です。

 

ペットに安全な消臭剤&除菌剤は?

 

ペットに安全な消臭剤&除菌剤は

下記のリンクから2ページ目でレビューしています。

 

消臭と除菌で無害なレベル

これはほんとに優秀なもので

ペットにも安心に使えます。

 

詳細はコチラ*レビュー記事⇒カンファペットレビュー

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です