未分類

ファブリーズの成分から影響や害や危険性は?安全な対策は?

ファブリーズ

 

りゅうくん
りゅうくん
成分マニアのりゅうです^^今日はファブリーズについて害はあるのか?調べてみました^^

 

この記事では

ファブリーズの

危険性について書いていきます。

 

日本で生きてきて一度はどこかで

見たことや聞いたがあると思うファブリーズ。

 

実はこれには

危険性が潜んでいるので

詳しく解説していきます。

 

ファブリーズ

ファブリーズ

今回は香料など含んでいない

香料無添加と呼ばれている

ファブリーズをピックアップしました。

 

無添加で安全ではなかったら

他の製品にも疑いがありますよね。

 

ですので

一番身体に優しそうな

無添加をチョイスしました。

 

次になぜ?

ファブリーズが危険と言えるのか

深く掘り下げていくため

僕は成分から掘り下げていこうと思います。

 

ファブリーズの成分について

 

 

ファブリーズの成分表がこちらです↓

ファブリーズの危険

少しみずらいかもしれませんがご了承ください^^:

 

成分は

トウモロコシ由来消臭成分と除菌成分です。

 

他のファブリーズにおいては

香料など入っているものもありますが

一番重要視するのはこの2種類です。

 

・トウモロコシ由来消臭成分

・除菌成分

 

これらがなぜ危険なのか

詳しく解説していきます。

 

トウモロコシ由来消臭成分

 

この成分自体の安全性はといいますと

報告上においては

基本的な毒というのはありませんが

少しばかり気になる問題点があります。

 

消臭剤を作る過程では

遺伝子組み換えの

トウモロコシで製造するはずです。

 

つまり

トウモロコシ由来消臭成分では

表上安全と報告はされていますが

 

それがどんな科学物質でできているのか?

ここが重要なところなのですが

具体的な科学物質がわかっていません。

 

その一つの科学物質に

シクロデキストリンという

匂いを消臭する物質が含まれているのですが

 

その他にも

トウモロコシ由来消臭成分は

色々な物質を組みこめられて

作られていると考えられます。

 

しかし今回一番注目してほしい

問題視するところは

トウモロコシ由来消臭成分ではなく

もうひとつの成分

除菌成分に問題があります。

 

除菌成分の危険性や害

 

消臭するのがトウモロコシの科学物質で

 

除菌は?ということで

結論からいいますと

 

・第4級アンモニア塩です。

 

この第4級アンモニア塩というのは

除菌=菌を殺す働きがあります。

 

経口致死量1~3gということで

動物がこれぐらい摂取すれば

半数の動物が死に至るというものです。

 

ペットを飼われているという方は

十分に注意する必要があります。

 

ペットの匂いがするからといって

消臭剤&除菌剤を

むやみに振りまくっていると

ペットがぺろっと舐めたときに

下痢などの症状を起こす

可能性も十分に考えられます。

 

また飲むということは

基本的にはしませんが

口や目にはいった場合は

十分に水で洗い流す必要があります。

 

また空気中の人が吸い込んだりすることで

喉の痛みや咳きなどの症状を起こすので

これらを使う場合は十分に注意してください。

 

安全な対策について

 

ファブリーズに

入っている成分を検証しましたが

やはり人体の影響やペットにも

影響を与える可能性があります。

 

また最近では高齢者の介護なども

ファブリーズをむやみに

振りまくっているという情報を

どこかでみましたが。

 

お年よりのお体にも細心の

注意を払うようにしたほうがいいと思います。

 

特にペットは何もわからないので

絶対に安全な対策をとるべきだと思います。

 

これを伝えるべきだと思い

時間をかけて徹底的に調査して

安全なものを探しました。

 

やっとみつけたのが

厚生労働省認定された安全なものを発見しました。

 

これなら口に入っても害はないですし

除菌も消臭も安全にすることができます。

 

詳しくはこちらのページになります↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です