ペットの消臭剤

ペット用の除菌スプレーでおすすめはどれ?

 

今回書いていくのは

ペット用の除菌スプレーのおすすめです。

 

やはり、ペットも

デリケートな生き物ですので、、、

 

一般的な除菌スプレーを思わず

ぺろっと舐めてしまうことで

お腹を壊したり

病気になる可能性もないとは言えません。

 

色々なペット用の

除菌スプレーを見てきましたが

 

ペット用と書いていて、

実際に成分をみると

ペットによくない成分が入っている、

除菌スプレーなどもありました。

 

今日は、数あるペット用の除菌スプレーで

なぜ?これがおすすめなのか書いていこうと思います。

 

ペット用の除菌スプレーでおすすめは?

 

まず、ペット用の除菌スプレーでは

何を見るべきポイントなのか

選び方を知っていく必要があります。

 

選び方がわからないと

ほんとに良い除菌スプレーなのか

わからないからです。

ペット用の除菌スプレーの選び方

 

選び方で一番重要なポイントは

安全であることが条件です。

 

では、安全を確認するには

どうすればいいのか?

 

これは除菌スプレーに

含まれる成分を確認することで

安全か危険なスプレーなのかを

確認することができます。

 

危険な除菌スプレーで化学物質が

入っているものなど危険を感じますよね。

 

また、香料がキツイとなると

犬を飼っている場合

犬の嗅覚は非常に優れているため

犬のストレスを与えてしまう原因にもなります。

 

ですので

何が入っているのかを確認するために

成分をチェックする必要があるというわけです。

 

除菌スプレーは成分をチェックする必要がある

 

除菌スプレーには

・プールに使われている塩素系消臭剤

・漂白剤などの界面活性剤

・アンモニア塩

などが含まれており

これらはペットに与えても

よくはありませんし

もちろん、人間にもよくありません。

 

除菌スプレーの

成分をチェックしますと

特によく使われている成分が

アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムという成分です。

 

この成分は

漂白剤などにも使われているため

ペロッと舐めてしまっては

お腹を壊す原因にもなります。

 

またペット用の

消臭剤として売っているものでも

よく使われているというのもよくある話です。

 

この成分が主に除菌効果や

消臭効果を持っているから

幅広く使われているというわけですが

正直なところ危険です。

 

他の成分で安全なものはあるの?

ってことですが

残念ながらこの成分以上に

効果を発揮するものはありません。

 

だから、次亜塩素酸ナトリウムは

幅広く使われているわけです。

 

それでしたら

除菌剤は全て危険ですやん。。。

って思いますよね。

 

ただ

この次亜塩素酸ナトリウム例外もあり

それが今回ペット用のおすすめな

消臭剤だと言える理由になります。

 

本気で選び抜いた消臭剤でおすすめはどれ?

次亜塩素酸ナトリウムは

アルカリ性という性質になります。

 

そして

酸性という性質を混ぜ合わせることで

有毒なガスを発生させてしまいます。

 

しかしながら

厚生労働省が認めた

次亜塩素酸ナトリウムと

酸性を混ぜ合わせることで

中和することができ

安全な消臭剤に変わるのです。

 

一般的な消臭剤では

そういった表記や証拠もないので

危険な消臭剤ですが

 

厚生労働省が認めたもので

考えられ作られているのは

・ペットが舐めても安心

・病院の施設でも使われているもの

・動物病院でも使われている

・獣医さんも使っている

本気で探したらありました。

 

これなら証拠もあるので

ペットに使っても安心ですし

ペット用としてはおすすめだと強く感じます。

 

だからこの中和されている

消臭剤がおすすめなんです。

 

ペットの匂いで排尿の消臭はもちろんのこと

その他にも↓

・家の掃除にも使えて赤ちゃんにも安心

・ベットのシーツに使うことで喉が痛くならない

 

詳しい詳細はこちらで

記載していますので

参考になれば幸いです↓

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です