ペットのサプリメント

3種類の乳酸菌ヨーグル2の効果や評価は?注意点と評判

 

今回書いていくのは

「3種類の乳酸菌ヨーグル2善玉菌」

トータルという商品です。

 

ネットで犬用のサプリメントを

徹底的に調査していたところ

ヒットしたのがこの商品なのですが

 

この

サプリメントには若干甘い部分があり

犬がほんとに食べていいのか?

ペットがほんとに食べていいのか?

善玉菌という名前に囚われて

具体的な成分を調べる人も少ないようです。

 

そこで僕はこの

「3種の乳酸菌ヨーグル2善玉菌」が

どのような効果をもたらすのか

徹底的に掘り下げていきます。

 

3種類の乳酸菌ヨーグル2善玉菌

3種類の乳酸菌ヨーグルツー

まず、ペットが食べるということで

一体どういった成分が

配合されているのか掘り下げていきます。

 

ヨーグル2の成分配合から解析

 

デンプン、コーンスターチ、脱脂粉乳、ショ糖、パラチノース、オリゴ糖

乳酸菌(ビフィズス菌、フェカリス菌、有胞子菌)

 

成分は

・デンプン↓

・コーンスターチ↓

・脱脂粉乳

この順に配合率が減ってきます。

 

メインで多く構成

されているのはデンプンです。

 

詳しく解析していきます。

 

ヨーグル2の安全性は?

 

メインで入っている

デンプンとコーンスターチは

人間にはもちろんのこと

犬や猫などのペットにもよくない成分です。

 

デンプンというのは

サプリメントの形状(固める)

などに使われる成分です。

 

今回の

3種の乳酸菌ヨーグル2善玉菌も

固形状になっていますね↓

ヨーグル2の安全性は

固めるためのものと認識するのが

わかりやすいのですが

これらの成分には注意点も存在していることも

知っていただきたいのです。

 

特に意識してほしいのが

コーンスターチと呼ばれている成分。

 

別名

トウモロコシデンプンとも呼ばれています。

 

これは人工的に作り上げていて

遺伝子の組み換えをしているものです。

 

遺伝子の組み換えといいますと

品種改良といって

とうもろこしを意図的に変えているものです。

 

このコーンスターチを作っている会社は

「わが社のとうもろこしは

害などありえないんだ!」

と口を揃えておっしゃっていますが

 

ヨーロッパを中心とした地域においては

健康への被害が100パーセントの

安全保障がないため注意視している成分です。

 

これは

人間においても安全保障がないので

犬や猫などのペットに

食べさせてよいものなのか

考えさせれる点となります。

 

特に注意してほしいのが

とうもろこしアレルギーを持っている

犬や猫などのペットには与えてはいけません。

 

アレルギーを

発症する原因の一つともなります。

 

他成分においても注意していただきたい

メイン以外の成分も

注目してほしいのですが

これらの成分も

注意していただけると幸いです↓

 

・脱脂粉乳

・ショ糖

・パラチノース

 

脱脂粉乳

 

まず脱脂粉乳というのは

スキムミルクと呼ばれるものです。

 

この脱脂粉乳の原料の牛乳段階での

安全性を詳しく見る必要が本来はあるのです。

 

つまりは

・日本製なのか?

・アメリカ製なのか?

・中国製なのか?

仮に他国で作られているものですと

アルファルファと呼ばれる

遺伝子組み換え作物を

牛の餌として与えていた場合は

人間にも害がある可能性があります。

 

その他にも

粉にする段階の加工過程段階が

・どういったものなのか?

・ほんとに安全であるものなのか?

 

私なら大切な家族のような

ペットにはこの成分を与えたくないものです。

 

ショ糖

 

砂糖の甘味の上位版で

甘いと感じる特徴があり

虫歯のリスクと血糖値を上げる成分です。

 

ペットにショ糖のような甘いものを

上げるのもどうかと思います。

 

ですので血糖値を

上げる可能性も高めることになるので

本来であるなら含まれなくてもよい成分です。

 

パラチノース

 

この成分においても

ショ糖と同じく甘いといったのが特徴的です。

 

人口甘味料にあたり

消化されないで体内で

吸収してしまう可能性があり

「腹痛や下痢になる可能性」もあります。

 

お腹のためを思って

乳酸菌だけに注目するのも

悪くはないのですが

他成分で逆にお腹を壊してしまう

というのもありえると考えれます。

 

利点

 

ただ全てが悪いというわけではなくて

しっかりとオリゴ糖や3種類の乳酸菌も

配合されているのが確認できます。

 

成分の最後に含まれているので

メインと呼ばれる成分ではありませんが

 

・オリゴ糖

・乳酸菌(ビフィズス菌、フェカリス菌、有胞子菌)

 

これらの乳酸菌により

腸内環境を整えるというのは

あながち間違ってはいません。

 

まとめ

3種の乳酸菌ヨーグル2

善玉菌について書いてきました。

 

家族のような大切な存在のペットが

体調が悪くなった

・下痢やお腹の調子が悪そう

・体調がよくなそう

 

と思い乳酸菌だけを注目して

ペットに与える人も多いのですが…

 

乳酸菌に意識するのはいいが

他成分の効能もしっかりと

調べてあげる必要があると思うのです。

 

食べているもの一つで変わりますし

人間も動物も同じですよね。

 

ちなみにこういったサプリメントは

キチンと成分配合や乳酸菌も含まれていて

オススメができます↓

参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です